2009年11月30日

厨房機器の世界




飲食店関係の本を読んでいたら、
・・・「茹で機」「サラマンダー(焼き機)」「フライヤー(揚げ機)」・・・

Σ( ̄□ ̄;)

サラマンダー!?

火の精霊ですよね?

なんか普通にフライヤーだのロースターだのに混じって、一般名詞になってる!

グラタンなどに焼き目をつけるものらしいです。
火の精霊だからか・・・。
この業界では普通に使うんですね。

注文が入ったら 「これサラマンドしといてー」 とか指示するのでしょうか?



他の調理機器もいろいろありました。

  ガスオーブン「ファンタジスタ」 ←なぜ・・・?

  ゆで麺機「蒼龍」  ←これはカッコイイ! でもなぜ?

  きんぴら用スライサー「キンピラー」  ←皮むき器のピーラーとかけてる?

  ごぼうのささがきスライサー「ササガキー」 ←語尾を伸ばしただけじゃん
 
  大根おろし機「オロシー」  ←これも語尾を伸ばしただけじゃん。

  キャベツスライサー「キャベツー」  ←語尾を・・・・・・

  長ネギ用薬味スライサー「ネギー」  ← ・・・・・・・・・

       聞いただけでどんな商品か解るというのは、ある意味理想のネーミングかもしれません。
   

Posted by まめぽっと at 10:00Comments(0)オーナー日記



中米コスタリカは、政情、経済の安定した豊かな国です。自然環境にも恵まれています。
(行ったことないけど・・・。テレビで見ました汗

火山が多く、気候も良いため、上質のコーヒー豆ができます。
農園が急斜面にあるため、滑り落ちないようにロープを体に巻きつけ、手摘みで収穫されます。
日本ではあまりなじみがありませんが、柔らかい風味の飲みやすいコーヒーです。

標高が高いほど良いコーヒーができるということで、コスタリカは標高によって格付けしています。

 SHB・・・Strictly Hard Bean 高地産
  ↓
  HB・・・Hard Bean
  ↓
 以下いろいろ


いつもは中煎りのみ販売していますが、サンプルでやや深煎り(シティロースト)も販売します。
シティローストはなくなったら終了です。 100g 409円
ちょっと高いと思うかもしれませんが、命綱をつけて収穫すること考えればむしろ安すぎですね。
   

Posted by まめぽっと at 10:00Comments(0)まさに豆知識

2009年11月28日

土曜日の朝は




ペンギンの問題。 

このアタクシがコロコロコミックごときに笑わされるとは・・・がーん…

なかなかシュールなギャグやパロディもあったりして、最近のお気に入りです。
イマドキの小学生は結構高度なギャグで笑っているんですね。
土曜日の朝は、アニメを見て適度に脳をとろかしてから出勤しています。
おやじギャグがすべりまくりでお困りのお父さんも、ぜひ一度見てみてください。

ベビースターラーメンはハンバーガー味でおいしいです。
トレーディングカードが出てるようですが、集める気にはならないなあ。
そこが小学男子とオバサンの違いでしょうか。
 
  

Posted by まめぽっと at 14:53Comments(1)オーナー日記


ミルキ~?


・・・と思いきや


ロールケーキでした。
味は「ミルキー」というか、練乳風味。激甘いです。
生ミルキーもウマイ!

コーヒーはインドネシアの深煎りがよく合います。
砂糖・ミルクは無しで、ケーキと一緒に口に含むと甘味が広がります。


旦那(永遠の45歳)の命日にかこつけてケーキを食べましたが、
ケーキ業界は「命日ケーキ」に力を入れてみたらどうでしょう?
現時点で生きてる人より死んだ人のほうが数が多いし、毎年1回必ずあるし、
月命日も入れたら儲かりまくり!
白いクリームがイメージに合わないと思うかもしれませんが、もともと日本では
喪の色は白だったので問題ナシ。黒がいいならチョコレートケーキにするとか。
法事でケーキが出てきたら喜んで食べます。
誕生日と違って本人が食べられないのがネックですが。
  

Posted by まめぽっと at 13:02Comments(0)オーナー日記



茶封筒に入れ、口を閉じる。



レンジで加熱。



ハゼたら出来上がり。

 ・注意・
  時間は2分位に設定しておいて、殻の割れ具合を見ながら調整します。
  ハゼ過ぎると形がなくなるので、最初の2~3個がハゼたら一旦中を見て、
  殻が割れたものを取り出してから再加熱しましょう。


塩を振って食べるとウマイ!(食べてしまったので出来上がりの画像はありません。)



当店ではギンナン炒りの網も販売しております。 なぜ?


これがコーヒー豆100g焙煎するのに丁度いいんですよ。

白っぽくて無味無臭の生豆が、コーヒーらしく変化していく様子がわかります。
コーヒーは2回ハゼがあります。焙煎度合の目安になります。

自分で焙煎してみたいという方にはお教え致します。
でも、やめたほうがいいです。
   

Posted by まめぽっと at 12:08Comments(2)オーナー日記


なんかそんな法則があったような・・・。

プリンタ(10年使用)の挙動がおかしくなりました。
これから年賀状や確定申告で大活躍しなければいけないのに~。

自宅のプリンタ(14年使用)も調子悪いし。

洗濯機(18年)は、寒くなるとすすぎへの切り替えがうまくいかずに止まる。

エアコン(15年)は暖房が効かないので「クーラー」と呼んでいます。

電子レンジ(18年)は時々温まらない。

電話(10年)は子機が繋がらない。

プレステ2(7年)はすでに壊れている。

しかし、一番恐ろしいのは、黙々と通電し続ける冷蔵庫(18年)かもしれません。
突然壊れたら冷凍庫の中の物はどうなるのだろう?

あ、家電じゃないけど車(15年)も買い換えなきゃ!


私ってなんて物持ちがいいんでしょう。
これが全部一度に壊れたらびっくり
(というか、もう壊れているのを無理矢理使っているのでは・・・?)
   

Posted by まめぽっと at 10:00Comments(0)オーナー日記



店の入り口付近で、突然 バキッ ミシッ という音がすることがあります。
買い物中のお客様はびっくりなさいます。
私も最初は驚きました。

びっくりさせてすみません。
音の主は上の写真でした。

籐でできた100本の花です。
開店祝いに義姉が作ってくれたのですが、花瓶の部分はスチール缶に籐を巻きつけていて、
湿度が変わると籐がギュッと縮んでスチール缶を締め付けて音が出る、というわけです。

もらったのは17年近く前なのに、今もちゃんと呼吸してるんですね。
 (まめぽっとは平成5年1月開店なのだ。実は結構古い店なんです。)

オバケではないので、どうぞご安心ください。

オバケだったらビビリの私が一人で残業なんかできませんよー汗
そっち方面の感度が鈍くて良かった。
  

Posted by まめぽっと at 10:00Comments(0)オーナー日記

2009年11月22日

メキシコのコーヒー




日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、メキシコは世界7位のコーヒー生産国。
有機栽培が盛んに行われている国でもあります。

ほろ苦いシティローストをサンプル販売しています。 100g¥399です。
やわらかい味で酸味と苦味のバランスもよく、飲みやすいコーヒーですよ。



「有機」「オーガニック」の表示ができるのは、検査を受けて認証された事業者だけです。
では「有機」と付かないものは有機栽培ではないのかというと、そうではなくて、
認証のための条件を満たしていなかったり(生豆の置き場所にも規制がある)
検査や認証にかかるコストを抑えるため、あえて認証を受けない事業者もあります。
当店もそうです。

この場合、現地でちゃんと有機栽培した豆であるのは確かなのに、「有機」という名前はつきません。
当店ではいくつか有機栽培の豆を販売していますが、「ナチュラル」と表示しています。

こういう豆につける良い名前がないかなー? ちゃんとした有機栽培なんだよー汗

  

Posted by まめぽっと at 10:00Comments(0)まさに豆知識

2009年11月21日

宮内庁御用達




東京国立博物館「皇室の名宝」展に行ったときのおみやげです。

 皇室に納めているブレンド

          ・・・に最も近いコーヒー

だそうです。
実物は違うのかあ。残念。


宮内庁からの注文ってどういう風に来るのでしょう?

電話で「宮内庁ですけどー、いつものブレンド400グラムくださーい」って感じ?
それともFAXとかメール?
お使いの人が蝋印で封をした注文書を手渡しで・・・だとカッコいいかも。

そして納品するときは社長が正装して持って行くのか?
そのとき軽トラに乗って行ってもいいのか?
店から遠いときは宅配便で送っちゃだめなのか?

疑問は募るばかりです。
うちの「プリンセスブレンド」も買ってくれないかなー。名前がそれっぽいし。
 


  

Posted by まめぽっと at 16:47Comments(2)オーナー日記

2009年11月20日

おば散歩




ちい散歩のまねをして、私も歩数計を装着して散歩に行ってきました。

 ・つくば
   ↓ (電車移動)
 ・上野
        国立博物館「皇室の名宝」 30分待ちでした。
        蒔絵の香箱ステキ! 聖徳太子像は教科書そのままでした。
   ↓
 ・湯島
        湯島天神に馬鹿息子の合格祈願。本人は全く関心なし。

   ↓ (電車移動)
 ・六本木
 
     ・国立新美術館

         ・「THEハプスブルク」(THEがつくと某100均商品みたいだ。)
           ひたすらうっとりハート
           エリザベト皇妃の肖像画は美しすぎて泣けてきます。
           日本から贈られた蒔絵の棚もありました。蒔絵ファンになりそう。
 
         ・「日展」
           4時半からのトワイライトチケットで300円になります。
           安いけど1時間半で全て見るのは不可能なので、的を絞らなければいけません。
           彫刻と、工芸美術を少し見てたら時間切れ。 蒔絵があったら見たかった。

     ・東京ミッドタウン、ヒルズ周辺でイルミネーション見物

   ↓ (電車移動。あんまり歩いてないんじゃないか?)
 ・東京駅
   ↓ (高速バス。 ボジョレ解禁日だったのでたくさん試飲して、気持ちよく眠りました。) 
 ・つくば




歩数 18,578歩
消費カロリー 659kcal

 せっかく燃えた脂肪も、ボジョレとつまみで元通り。
 


        

Posted by まめぽっと at 12:07Comments(0)オーナー日記

2009年11月18日

ペルーのコーヒー




ペルーといえば、世界遺産マチュピチュやクスコやナスカの地上絵、コンドルが飛んで行くイメージがありますが、
少ないながら優秀なコーヒー生産国でもあるのです。


飲み口はやわらかくて、中煎りはやさしい酸味、深く煎ってもマイルドで甘い香りがします。
サンプルでシティロースト(ほろ苦)を販売しています。 100g ¥399 です。


コロンビアに匹敵する高品質コーヒーなのに、日本では知名度がイマイチ・・・。
ちょっともったいないです。
コーヒー屋さんでみかけたらぜひ一度飲んでみてください。 

  

Posted by まめぽっと at 12:28Comments(0)まさに豆知識

2009年11月17日

癒しの緩衝材




荷物に入っていた、マシュマロみたいな緩衝材です。
名前はわかりません。

触るとふにふにして気持ちい~ハート

2~3個まとめて握るとさらに幸せハートハート

プチプチをつぶし始めると止まらなくなりますが、これもすご~く癒されます。


緩衝材は、衝撃だけでなく人の心も和らげるのですね。 (あれっ? なんか上手くまとめちゃったかも)




         使用後

  

Posted by まめぽっと at 14:48Comments(0)オーナー日記

2009年11月16日

るるぶ茨城




ちょこっと載っていますので、お暇な方は探してみてください。

読者の方に、今月オススメの豆20g(ドリップバッグ2個)をプレゼントします。
るるぶ茨城'10を買った人は持ってきてくださいね。


地元なのに知らない観光スポットがたくさんありますね。

個人的には、鹿島の「船に乗って工場萌え」に大変興味がありますハート
・・・と思ったら、土・日・祝限定だった・・・がーん…

平日が休みだと、どこに行っても混まなくていいけど、イベントもないんですよねー。

   

Posted by まめぽっと at 13:23Comments(0)お知らせ




タレがゲル状になった納豆が売れているようです。
便利でエコですばらしい発明です!(現物がないので写真は別の納豆です汗


が、これには重大な欠点が!!


パックの大きさは変わらずに右上隅にタレのスペースができたため、納豆エリアが狭く三角形に近い形になり、たぶんギチギチに詰めているので、かき混ぜるとこぼれそうになります。

また、右利きの私は右回りにがしゃがしゃと円を描くようにかき混ぜますが、三角形だと右の斜辺にぶつかって動きが止まってしまうので、左回りに方向変換してアン・ドゥ・トロワと三拍子でかき混ぜなくてはなりません。
当然かき混ぜ速度は落ちます。
 (別の器に移し替えてからかき混ぜればいいんですよね、ええ、わかっていますとも。)


そして、溶けにくい。
寒くなるとますます溶けが悪く、ダマになったまま均一に混ざらず、しょっぱいところと全然タレが付いてないところができてしまいます。


「カラシがないと食べられないよー。」(あまり納豆好きではない娘より)


いっそタレをなくしたらいいのに・・・と思いましたが、タレのメーカーですからね。

ちなみに私は毎日三食納豆でもOKの納豆好きです。
茨城に来てよかったハート
 
  

Posted by まめぽっと at 15:06Comments(0)オーナー日記



コロンビア スプレモの麻袋です。
コロンビアは1袋70Kgもあります。運送屋さんごめんなさい・・・。




こちらは裏側。
SUPREMOというのが等級で、コロンビアは豆のサイズで格付けをします。
スプレモが大粒の最高級品、その下がエクセルソ(Excelso)です。

コロンビアマイルドコーヒーとして、タンザニア、ケニアと共に最高ランクのコーヒー豆として取引されます。

コーヒー生産量は、長い間ブラジルに次ぐ世界2位でしたが、最近になってベトナムに抜かれて3位になりました。
ベトナムがんばっています(ロブスタだけど)。
 
  

Posted by まめぽっと at 21:45Comments(0)コーヒーのお話



インドネシア スマトラ島産 マンデリン G/1 スーパーグレード です。

現地で徹底的にハンドピックして欠点豆を取り除いています。
大粒できれいな豆です。
マンデリン独特の苦味と焙煎の苦味が一緒になって、個性的な強い味になっています。

マンデリンの上級品には、輸入業者がそれぞれ気合の入った名前をつけます。
この「スーパーグレード」の他にも
  
  ゴールデンマンデリン
  ウルトラマンデリン
  スーパーマンデリン
   ・・・
    気合が入っていますね笑

G/1はグレード1(最高級)のこと。
マンデリンの由来は、スマトラ島のマンデリン族とマンダリン地区の二説あります。
 
サンプル焙煎のため、なくなり次第販売終了させていただきます。
100g ¥420です。
   

Posted by まめぽっと at 18:06Comments(0)まさに豆知識


チョコの中にコーヒー豆が丸ごと入っています。
食感は ガリガリ ゴリゴリ
一粒食べると止まらなくなり、食べ過ぎると眠れなくなるので要注意です汗




ふつうのチョコ、ビターチョコ、ホワイトチョコの3種 1袋189円


焙煎した普通のコーヒー豆も食べられますよ。
家に豆があったら試してみてください。
のどに引っかかってイガイガするので、水と一緒にどうぞ。

苦味とか酸味とか、お湯で抽出したのと同じ感じの味になるので、私は試飲代わりによく食べてます。
 
  

Posted by まめぽっと at 12:24Comments(4)コーヒーのお話

2009年11月10日

コーヒーの花




種から育てて十年以上たったコーヒーの木に、花が咲きました。

白くて小さくて、ほんのりジャスミン風の香りがします。

花は2~3日で枯れて、うまくいけば実がなるのですが、
これから寒くなっていくので難しいかもしれません。
 
   

Posted by まめぽっと at 11:58Comments(0)コーヒーのお話



インドネシア マンデリンの麻袋です。

下のほうに TRIPLE HAND PICKED と書いてあります。
現地で3回ハンドピックをして、欠点豆を取り除いているということです。
インドネシアの豆は、欠点豆の混入率が少ないほど等級が上になるので
これは最高級の「G1」となります。(以下G2→G3→G4→・・・)

ハンドピック済みの豆は焙煎するのが楽チンですにこにこ
 
   

Posted by まめぽっと at 11:30Comments(0)コーヒーのお話

2009年11月07日

麻袋コレクション




ブラジルの麻袋です。

コーヒー豆は産地で麻袋に詰められ、出荷されます。
横70×縦90cm位の袋に、コーヒーの生豆60~70Kgが入ります。
お米一俵と大体同じですね。
袋にはロット番号や、行き先の港(横浜とか)などが書いてあることもあります。

船でゆったり一ヶ月以上かけて届くコーヒー豆は、遠い異国の香りを纏って・・・・・・いません。
生豆はなんだか生臭いです。
 
   

Posted by まめぽっと at 19:57Comments(0)コーヒーのお話