2010年07月20日

夫のこと





今日誕生日だったはず。
えーと、確か昭和28年生まれだったような・・・あれ?違ったっけ? 忘れるんだよねー。
命日も忘れそうだよ~。 今年十三回忌のはず・・・。
生きてれば57歳か、オッサンを通り越してジーさんじゃん! と、オバサンを棚に上げて言ってみますべーっ



夫はいわゆる「役者のなりそこない」でした。


大学時代にたまたま演劇を知り、その面白さを知り、のめり込んでいきました。
普段まったく本を読まない人なのに、戯曲や演劇関連の本を読みまくり。
卒業後は、夜バイトしながら稽古に励むという、舞台役者の典型的な生活だったそうです。

でも、ああいうのは才能ばかりじゃない、運もありますね。
努力すれば必ず報われるというものでもない。

数年後、役者になる夢を諦め、実家に帰るのですが、やめるのは始めるよりずーっとつらい。
自分の限界を思い知らされ、「負け」を受け入れるのは、どれほどの苦悩だったでしょう。

で、ふつーのサラリーマンになりました。
親も一安心。 これからは堅実な人生を・・・とはいかなかったんですねー。
数年で脱サラして、喫茶店を開業しちゃいました。写真がその店です。

「30歳までに自分の城が欲しかった」

のだそうです。(ギリギリ29歳でした)
天久保の喫茶店「朱里」をご存じのかたはもう少ないと思います。
バリバリの貧乏生活に戻ってしまいました~~。



さて、自分の城を得たら役者魂が復活!
常連さん相手に芝居の面白さをアツく語り、芝居の世界に引きずり込んでいました。

このころ知り合ったのですが、私もかなり影響を受けました。
卒論はサミュエル・ベケットだったし。(図情大でベケット、もう無理矢理。)

一度だけ舞台に立たせてもらったこともあります。

夫の指導で、先日亡くなったつかこうへいさんの「熱海殺人事件」のハナ子役をやりました。
とても小さな、演劇発表会みたいな感じの舞台でしたが、不思議な感覚でした。
あれにはまったら、確かに抜け出せなくなります。
舞台に魔物がいるっていうのは本当です!
でも、私には全く才能がなかったようで、その後夫は私に芝居をやらせようとはしませんでしたがーん…



演劇論もいろいろあるのでしょうが、私が教えてもらったのは、
「役に熱中しながらも、冷静な第三者の目で自分を見る」ということです。
あと、市原悦子さんと菅野美穂さんはスゴイ! ということかな。 絶賛してました。

「演劇」「俳優」と言わずに「芝居」「役者」と言っていたのは、夫の矜持だったのかもしれません。

人に教えて満足したのか、その後はあまり芝居に拘らなくなりました。
喫茶店をやめて「まめぽっと」を開業するときも、わりとあっさり昔のものを捨てて来ました。
年取ったせいかもしれません。



そんなこんなで(もう書くのめんどくさいわ)、夫の誕生日にはケーキを食べてお祝いするのでした!

単にケーキ食べる口実になってるような気もしますが・・・。


-----------------------------------------------------------------------
つくば市のコーヒー豆専門店「自家焙煎珈琲 まめぽっと」
 住所:茨城県つくば市春日3-2-6
 電話番号:029-851-9161
 営業時間:10:00~18:00 / 休業日:第2~5木曜日
まめぽっとへのお問合せはこちらから
-----------------------------------------------------------------------

同じカテゴリー(オーナー日記)の記事画像
青の洞窟イルミネーション見てきました!
紫陽花と甘茶
旧古河庭園
閉店じゃないよ 最終章
閉店じゃないよ その3
閉店じゃないよ その2
同じカテゴリー(オーナー日記)の記事
 青の洞窟イルミネーション見てきました! (2014-12-30 16:57)
 紫陽花と甘茶 (2014-07-08 01:08)
 旧古河庭園 (2014-06-25 23:58)
 閉店じゃないよ 最終章 (2013-11-26 16:35)
 閉店じゃないよ その3 (2013-11-15 14:00)
 閉店じゃないよ その2 (2013-10-29 11:02)
Posted by まめぽっと at 17:17│Comments(8)オーナー日記
この記事へのコメント
そうだったんですか。 旦那さん亡くなられてたんですね。

息子さんもさびしかったでしょうね。
Posted by nekoneko at 2010年07月20日 19:02
ねこ息子は小学校1年でしたからねぇ。

上にねこ娘(キティちゃん大好き)がいるんですが、
それまで男女2:2だったのが、男1人になったため、
「おれ男1人しかいなくてズルイ!」とか言ってましたよ。

何がどうズルイんだろう???
Posted by まめぽっと at 2010年07月20日 19:23
激動の13年を猫ママ手一つで育て上げたことを尊敬しますm(_ _)m

時間がたつのは早いですね。
残された猫も煙になる前に一生懸命何かをやりましょう!
昔の猫夫婦の写真みてみたいな・・・
Posted by trd at 2010年07月21日 02:08
いやホント猫の手も借りたいくらいでした(=^・^=)

でも、周りの人みんな助けてくれました。
お客さんに一番迷惑をかけたのですが、
営業時間が短くなっても、コーヒーの味が変わっても、
ゆっくり見守ってくださったんです。
悲しくても泣きませんが、嬉しくて泣きましたよー。

感謝をこめて、今度昔の写真を・・・
いや、いろんな意味で見ないほうがいいです。。。
Posted by まめぽっと at 2010年07月21日 10:27
そうですか、もうマスターが亡くなってそんなになりますか。。
そういえば「演劇青年」でしたね。常連の中でも芸術音痴だった私は、そんなマスターの熱いお話を、頭の上に「?」をつけて聴いていました。
あのころの演劇派のみなさんが作ったトレーナー、今も大切に持っていますよ。

ちょっと遅いコメントで、すみません。
Posted by 朱里の元常連←八王子から at 2010年07月27日 22:59
元常連さま、ありがとうございます!

劇団名「オフ・ブロードウェイ」でしたっけ?
懐かしいですね~
私も芸術音痴なので、演劇についてはわかりませんでしたが、
舞台に立ったのは楽しい経験でした。

八王子からはちょっと遠いけど、お暇なときに
また遊びに来てくださいね!
Posted by まめぽっと at 2010年07月28日 20:32
こんばんは。
1998年までつくば市に勤務していました。朱里があった当時は天久保に住んでおりまして、よくカレーを食べに通ってました。彼女(現在の妻)が「ここのコーヒー美味しい」と言ったのがマスターに聞こえたらしく、それからは色々とコーヒーについて教えていただきました。ちょっとマニアックな熱い語りぶり、役者志望でいらしたと今更ながら貴記事で初めて知りました。懐かしいです。奨められて買ったカリタのドリップポットを今も使ってまして、淹れながらあの笑顔を時々思い出しています。
Posted by 檸檬 at 2012年04月26日 21:02
こんにちは。
朱里のことを覚えていてくださって嬉しいです!!

コーヒーについては熱弁ふるっていましたねー。
ポットは大事だよ、ともよく言ってました。
コーヒーミルを買うより先にポットを買え!でした(^^)

あれから何年経っても焙煎技術は旦那には敵いません。
私は一生修行かも・・・

コーヒーを飲みながら、時々思い出していただけると幸せです!
Posted by まめぽっと at 2012年04月28日 15:35
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。